日本地図
一番得する!生命保険の選び方
画像
複数の保険会社から資料を取り寄せてみると分かります。
実は、同じ保障内容でも、保険会社によって“保険料”は大きく違います!


2006年4月、保険業法施行規則が改定されたことで、保険会社各社は保険料の手数料部分にあたる「付加保険料」を自由に決められるようになりました。これにより、保険会社各社では価格競争が激化。同じ保障内容でも、保険会社によって保険料に大きな違いが生れるようになったのです。

お役立ちコンテンツ

生命保険の見直し方法その20:「保険って、いくら入っておけばいいの?」

カテゴリ: 生命保険の見直し方法

画像
「保険って、いくら入っておけばいいの?」 「私の保険って、どんな保障内容でしたっけ?」 そんなふうに、他人に丸投げするのはもう終わりにしましょう。丸投げするから 「カモ」のなるのです。 第一、どんな保障がいつまで必要かなんて、本人だって改めて考えないとわからないのです。 ましてや、赤の他人

生命保険の見直し方法その19:教育費をたくさんかければいいというものでもない

カテゴリ: 生命保険の見直し方法

画像
親御さんが一生懸命働いて生活費を切り詰めているのに、仕送り先の大学生当人が 留年したり中退したりは、よくある話です。 また、安定した職業に就いてほしいと親が願い、 子どもを教育学部に苦労して入れたものの結局は子どもが先生になりたくないと言い出した。 あるいは海外留学やダブルスクールと

生命保険の見直し方法その18:教育費は予測不可能

カテゴリ: 生命保険の見直し方法

画像
一般的に子ども一人にかかる教育費は、一千万円といわれています。 しかし、私立か公立か、理系か文系か、どのような進路を選択するかによって、 その額は大きく違ってきます。 さらに、少子化の影響から、教育費のインフレ率は高いので予想は困難を極めます。 それを単純に、子どもが三人だから一千万円×

生命保険の見直し方法その17:生きていく前提で考える

カテゴリ: 生命保険の見直し方法

画像
データーから見ると、日本全体で90%の人が五十六歳以上まで生きることになっています。 現在、一世帯の生命保険料は平均で年間五十三万円を超えています。 一年間でかなりの数の相談を受ける私の印象としては、もっと多いような気がしています。 五十三万円という金額には、共済などの掛け金が含ま

生命保険の見直し方法その16:長生きしたときのことを想像してみる②

カテゴリ: 生命保険の見直し方法

画像
現在、七十歳以上の方が医療費の窓口負担は一割ですが、それでも高齢期に医療保険に 入りたいと思われる方がたくさんおられます。 「今の保険が終わってしまうから」という理由の人もいれば、「もっと医療保障を充実させたい」 という人もいます。 今現在でも皆さんがそう思うのですから、これからさら

全国のプロフェッショナル検索サイトネットワーク

掲載事務所

生命保険一括見積り

自動車保険一括見積り

火災保険一括見積り

無料ネット家計簿

環境貢献しながら貴サイトをPR!